下半身脱毛を断られたトランスジェンダーの男性がエステシャンを訴えた結果は?

危険なパイパンのヤリマン娘!?日本で囁かれた恐怖の都市伝説
クレオパトラはパイパンだった!?「世界三大美女」の陰毛事情

下半身脱毛を断られたトランスジェンダーの男性がエステシャンを訴えた結果は?

カナダのトランスジェンダー活動家、ジェシカ・ヤニフ氏は、男性器を保ったまま女性として生活しています。

そんなヤニフ氏が、デリケートゾーンの脱毛をしようとブラジリアンワックス脱毛を依頼したところ、5人のエステティシャンから断られるという事態に。

ヤニフ氏はそれを不服として、5人のエステティシャンを訴え、一人に付き125万円の慰謝料を求めたのです。

しかし、ヤニフ氏の訴えは却下されることとなりました。

その理由は、これらのエステティシャンたちが、全員自宅をサロンとして使用しており、さらに今まで一度も男性器のブラジリアンワックス脱毛を施術したことがないため。

トランスジェンダーとはいえ、肉体的にはヤニフ氏は男性のまま。

エステティシャンたちに無理やり男性のデリケートゾーンの脱毛をさせることは、許されることではない、というのがヤニフ氏の訴えが却下された理由でした。

トランスジェンダーと脱毛と、なかなか難しい判断を求められる裁判だったようですが、多くの市民は裁判所のこの判断を支持した、とのこと。

今後は「トランスジェンダー専門の脱毛サロン」なんてものを作ると、繁盛するかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です