天然パイパンに悩む人のために「陰毛ウィッグ」が存在している!

ムダ毛処理が面倒なパイパンの人におすすめする「永久脱毛施術」とは?
2020年10月13日
男性がパイパンにすると得られる日常生活でのメリットとは?
2020年10月13日

天然パイパンに悩む人のために「陰毛ウィッグ」が存在している!

自分から望んでムダ毛を処理する人もいれば、生まれつき毛が生えないパイパンとして生活している人もいます。

自分からパイパンにしたならばともかく、生まれつきパイパンの人は好きでやっているわけではありませんから、大きな悩みとしている人も。

そんな人のために存在するのが、「陰毛ウィッグ」なのです!

「陰毛ウィッグ」とはどのようなもの?どうやって使うの?

「陰毛ウィッグ」は、透明なシートに陰毛が生えており、粘着シールや接着剤のような粘着剤を使った股間に貼り付けて使用します。

一週間近くは貼りっ放しにしていても、蒸れたりカブレたりしないように工夫されていて、貼ったままプールや温泉に入ることもできます。

また剥がれてしまったとしても、粘着シールや粘着剤を付け直せば、何度でも繰り返し使えるのも嬉しいところですね。

大きめの透明シートに陰毛が生える形になっているので、透明シートごとハサミで切れば、好きな生え方にアレンジすることもできます。

ハサミで陰毛の長さをカットして調節することもできるので、かなり自然な形でパイパンを隠すことができるのではないでしょうか。

こちらの「陰毛ウィッグ」、天然パイパンの人ばかりではなく、友人と温泉旅行に行きたいけれどもパイパンが恥ずかしい人などにも利用されているのです。

小見出し) 意外と歴史の古い「陰毛ウィッグ」の存在!

「陰毛ウィッグ」の歴史は意外と古く、日本では江戸時代あたりにはすでに「陰毛カツラ」として存在していたようです。

当時の日本は、男性も女性もムダ毛の処理などしない時代。

天然パイパンの人々は、想像以上に肩身の狭い思いをしていたようです。

「嫁入りしたのに、パイパンなことがバレて離縁させられた」なんて悲劇も起こっていたようです。

そういった人々のために、「陰毛カツラ」の需要があったのです。

現在の「陰毛ウィッグ」はメーカーによって製造方法は違いますが、現在でも江戸時代と同様に、職人が一本一本手で毛を植えて製造しているメーカーもあります。

だからこそ、自然な陰毛の生え方が演出できて、他人から見てもバレないような高品質の「陰毛ウィッグ」になるわけですね。

天然パイパンに悩んでいる人が多いからこその、メーカーの本気の技術、と言えるのかもしれません。

アンダーヘアを含めて、全身の永久脱毛をするかどうか悩んでいる人は、この「陰毛ウィッグ」が存在していると思えば、万が一の時にも安心。

ここで一歩勇気を出して、全身脱毛に踏み込んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です