いきなりパイパンに抵抗がある人は「ハーフパイパン」がおすすめ!

パイパンを目指すなら基本中の基本!「VIOゾーン」とはどの部分?
2020年10月13日
脱毛エステに行くなら知っておきたい!怒るかもしれないトラブル
2020年10月13日

いきなりパイパンに抵抗がある人は「ハーフパイパン」がおすすめ!

パイパンに興味がある男性でも、いきなりすべての陰毛を剃り落すのはちょっと抵抗がある、という人も多いのではないでしょうか。

一度パイパンになってしまうと、万が一後悔しても陰毛が生えそろうまで、しばらく時間がかかってしまいますからね。

そんな人におすすめなのが、「ハーフパイパン」です。 ハーフパイパンとは、一部の陰毛を残してほとんどを処理してしまう方法のことで、「セミパイパン」とも呼ばれます。

それではハーフパイパンのやり方やメリットについて、ご紹介します。

ハーフパイパンにするには「除毛クリーム」を使用するのがおすすめ!

どの部分の陰毛を残すかは、ハーフパイパンにする人の自由ですが、多くの場合は男性器の根本上部の陰毛を残すのではないでしょうか。

竿や金玉袋、VIOゾーンのうちIゾーン(金玉袋の裏から肛門にかけてのゾーン)とOゾーン(肛門とその周辺のゾーン)を完全に脱毛し、Vゾーン(陰茎の上部からへそにかけてのゾーン)の一部だけを残す、ということですね。

残した陰毛も、伸びた状態ではなく短めに処理しておいた方が、見た目は良くなります。

ハーフパイパンにする時には、除毛クリームを使用してムダ毛を処理するのが、手軽な方法です。

処理したい部分だけにクリームを塗れば、部分的に陰毛を残すことが簡単ですし、自宅で自分で処理することも簡単なため。

ただし除毛クリームは、肌に合う合わないがありますので、その点は注意して使用するようにしてください。

ハーフパイパンにすることのメリットとは?

ハーフパイパンにすることで、完全にパイパンにするのとほぼ同じメリットが得られます。

まず清潔感があり、蒸れることも少なく、部屋の中に陰毛が落ちることもなくなります。

シャワーなどでも洗いやすいので、汗や老廃物が溜まることによって嫌な臭いが発生することもなくなりますので、女性からの評判も良くなるでしょう。

何よりも、少しでも陰毛が残っていることによって、他人から見たときに「オシャレでムダ毛を処理しているんだな」ということがわかりやすくなります。

完全なパイパンにしてしまうと、銭湯などで他人からの視線が気になるものですが、それは完全なパイパンには「ケジラミなどの病気のため」や「遊びまくりのヤリチン」というイメージを持つ人が多いため。

それに対してハーフパイパンは、オシャレでパイパンに近くするまで、ムダ毛を処理していることが見た目でわかりやすいので、他人からの視線も気にならなくなるでしょう。

このようにハーフパイパンにはメリットも多くありますので、ぜひ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です